合併症

糖尿病の人に欠かせないレシピ

糖尿病になったら真っ先に改善しなければいけないのが食生活です。
もちろんこれは何かを食べてはいけないとかでは無く、カロリーや塩分、糖質を控えるというだけで、糖尿病で食べてはいけない食品というものはありません。
もちろんこれは好きなものを好きなだけ好きな時に食べていいというわけでは無く、糖尿病の為にも好きなものでも食べる量を調整したり、食べる時間をきちんと決めたり、食にメリハリをつけるという事です。

かつ丼が食べたければ食べることも出来ますし、カレーやラーメンも、パスタ、パンも食べる事が出来ます。
もちろんこれは今までのようにというわけではなくレシピに少し工夫が必要になります。
どういうことかというと、今まで食べてきた炭水化物を低GIのものや別の食品に置き換えたり、混ぜたりするという事です。

GI(グリセニンインデックス)とは食後の血糖値の上昇を表す値で、同じ炭水化物でもその構成によっては血糖値の上昇度が異なります。
たとえば白米よりも雑穀、玄米の方がGI値が低い、乾燥パスタよりも全粒粉パスタ、小麦粉パンよりも全粒粉、ライ麦パン、ラーメンであればこんにゃく麺とただこれだけでも血糖値の上昇を抑える事が出来ますし、今までと同じように好きなものが食べられます。
他にもお肉が好きな人は、脂身を落としたり、焼く際に網焼きに変えて脂を落としたりと工夫次第では今までとなんら変わりがないと言われています。


このページの先頭へ