合併症

糖尿病と薬の関連性

糖尿病とは血中のブドウ糖の濃度が高い状態が続く病気で、放っておくとさまざまな体の器官に合併症を起こしてしまう可能性が高くなります。
そこで糖尿病は高くなった血糖値を下げる為に日々の食生活を改善する食事療法や血糖値が上昇する食後に合わせて適度な運動を行う運動療法を採用する治療法がありますが、それでも中には血中の血糖値をうまくコントロールできず、薬物投与による治療を行わなければいけません。

中でも代表的なのは上昇した血糖値を下げる飲み薬である『経口血糖降下薬』です。
この薬は糖尿病の進行具合、症状に合わせて大きく分けて6種類の薬があります
肝臓の糖の合成を抑える『ビグアナイド』、筋肉や肝臓でのインスリンの働きを高める『チアゾリジン』インスリンの分泌を促進し血糖値をコントロールするホルモンの一種であるグルカゴン分泌を抑える『DPP-4阻害薬』、インスリンの分泌を促す『スルホニン尿素薬』、即効性の高いインスリン分泌を促進する『速効型インスリン分泌促進薬』、小腸からのブドウ糖の吸収を遅らせる『αグルコシターゼ阻害薬』などがあります。

もちろんこれらは1種類で治療を行う場合もあれば、いくつか組み合わせて治療を行う場合もあります。
薬には副作用もあるので主治医と相談して正しい治療を糖尿病の進行を遅らせることが大切です。


このページの先頭へ