合併症

糖尿病と運動の関連性

糖尿病と診断されたら全く運動が出来なくなると心配される方も多いですが適度な運動は血糖値のコントロールになるので健康を維持していく上では重要なことなので運動方法に関してご紹介します。

まず糖尿病で運動はなぜ必要なのかというと、運動をすることによって血糖値を下げる事が出来ると言われています。
食後一時間から一時間半くらいで血糖値が上昇するので、食後一時間くらいに運動を始めると抑えられると言われています。
もちろん運動と言っても激しいジョギングやランニングではなくウォーキングなどの軽い運動が好ましいとされています。
またこの運動療法は約48時間効果が持続されるため約1日おき、週3回くらいが適切な運動量だと言われています。

もちろんここで注意しなければいけないのは、血糖コントロールが極端に悪い、高血圧、肝臓機能の低下がみられている時は運動によって合併症を起こすこともあります。
また運動中の怪我なども糖尿病性壊疽の原因にもなるので運動後は十分に怪我の有無、消毒なども十分に行わなければなりません。
また、運動中にめまいや動悸があったらこれも注意しなければなりません。
これは低血糖と呼ばれる症状の一つでこのような症状が現れた場合は無理をせず、ブドウ糖やブドウ糖入りの飲料を飲みましょう。


このページの先頭へ